最新情報

2019.08.02

第67回サン・セバスティアン国際映画祭(新人監督部門)にノミネート!!

9月20日より、スペイン バスク地方で開催される第67回サン・セバスティアン国際映画祭の新人監督(NewDirectors)部門に『よあけの焚き火』英題:Bonfire at Dawn がノミネートされました。
同映画祭の新人監督部門は1985年(第33回)に創設され、これまでノミネートされた日本人監督は4人。カンヌ、ヴェネツィア、ベルリンに並ぶ歴史ある映画祭からの嬉しい知らせに関係者一同感激しています。
今後、映画祭の公式サイトでは、メインコンペティションへの招待作品が順次発表されます。昨年は河瀬直美監督の『Vision』が出品、是枝裕和監督が生涯功労賞を受賞したことは大きな話題となりました。日本の作品のメインコンペティション部門への選出に、大きな注目の集まる映画祭です。

ページの先頭へ